天枷咲子

低体温生物

【歌词翻译】madder

madder

作词作曲:keeno

翻译:sako


私きっと気付いていたの

我一定已经注意到了

雨上がりの街で

在这雨落之街

知らないふり胸の奥で誰かが泣いた声

我装作没有听到的 某人在我心中啜泣的声音


耳を塞いだ

捂上双耳

一人きりで蹲りそうになる

一个人缓缓蹲下

あの日の私は遠い夜に置いてきたはずなのに

我应该早已把那一天的我 丢在遥远的夜晚里了啊


キミが深く私の中で息をしていて

你仍在我内心的深处呼吸着

千切れそうな心の糸に触れてしまうから

碰触到了已四分五裂的心弦


息も出来ないようなくちづけを思い出したら

回想起了那令人窒息的一吻

流れる痛みもこの空に溶け出して

流动的痛苦向天空溶化

どこまでもただ続いていくような

像是会一直延续下去似的

茜がこの世界を塗り潰したんだ

那橙红色溢满了这个世界


ずっと奪われたままで

一直在被剥夺

自分さえ欺けないまま

明明连自己都欺骗不了

焼きついて爛れた心にただ

烧毁溃烂的心脏只是

沁みるようにはみ出した空を

被所见天空的颜色浸染


いつまで見ていたの

我一直看着的

涸れるまで見ていたの

在(泪水)干涸之前都一直看着


迫る夜の風に頬が乾いて

强劲的夜风吹干脸颊

笑ってみるけど

虽然我已尝试去微笑


声にならないほど切なくて

悲伤得发不出声音

壊れそうなほど優しい記憶に

美好的记忆几近崩坏

目も逸らせないまま

然而我无法移开视线

もう一度だけあのくちづけを

请再给我一个那样的吻吧

私はここにいるよ

我还在这里

ただキミに会いたい

只是还想要见到你


评论
 

© 天枷咲子 | Powered by LOFTER